旅行先での体調不良に備えよう

簡単な薬は持参しよう

楽しいはずの旅行中に体調を崩したら大変です。ふだんは体調に自信がある人でも、環境が変わると体調を崩す恐れはあります。ちょっとした体調の悪化に対応できるように、風邪薬や胃腸薬などを持参すると安心です。持病がある場合は、いつもの薬を忘れないようにしてください。日程が長い旅行の場合は、かかりつけの医師に旅行の話をすれば少し多めに薬を処方してくれることもあります。体調の悪さを感じたら、症状が軽くても薬を飲むようにしてください。添乗員がいる旅行の場合は、早めに体調が悪いことを話しておくと日程や病院などについて配慮してくれますよ。

とにかく十分な休息が大事

旅行中の体調悪化で困るのは、海外旅行のときです。国内旅行であれば言葉が通じますからすぐに病院を探せますが、海外ではそうもいきません。時差や気候の違いもありますから、無理のない日程を組むようにしてください。基本中の基本として、海外旅行保険には加入しておきましょう。現地での食事にはいろいろと注意が必要です。食べ過ぎを避けるのはもちろん、生水や加熱されていない食べ物も避けるのがおすすめです。体調の悪さを感じたら、水分を補給して、十分な睡眠をとるようにしてください。現地の病院で症状を伝えられるように、簡単な外国語を調べておくのもおすすめです。

こちらのサイトから嬬恋に精通しているタビマスターズを発見して旅行を楽しみましょう。