.hackと言うゲームを販売している会社が見せた心意気

ロケ地を実際に巡ろうと言う企画

前に.hack(ドットハック)と言う大ヒットしたテレビゲームのロケ地(海外です)を実際に巡ろうと言う企画を、そのゲームを販売している会社が主催した事があります。残念ながら世界情勢の関係で中止になりましたがそう言った企画を主催した会社の心意気に本当に拍手したいと思いました。

こう言う旅行の企画はクリエイティブ性に富んでいると私は考えています。そのゲームソフトは連作で.hack2から4まで続いてたような感じなんですが、このシリーズの購入促進目的だとしても大勢の人達をロケ地に連れていくのはものすごい予算がかかったと思います。

ますます考える主催した会社の心意気

それにお金をかけない購入促進目的が他にも考えられるんじゃないかと思うと、主催した会社は一種の心意気と責任を背負っていたのではないかとますます思うのです。

こう言ったチャレンジ性溢れる旅行の企画は多分もっと他にあるんだと思います。私は残念ながらそれ以外のものは把握していないのですがそれらを知る事で、クリエイターとして活動したい自分に刺激を与えたいと思います。

旅行は本当に面白いもの。振れて刺激を受けてゲームソフトを作るだけじゃない、日々の日常にクリエイティブな何かをプラスして欲しいと言うのがその企画の意図でもあったかもしれません。

冬になったら和歌山に行くならタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

楽しいだけじゃない!旅行にトラブルはつきものです。

何度だって行きたいイタリアだけど、虫だけは勘弁!

旅行にはトラブルがつきもの。そんなトラブルも無事終わってみたら、ある意味いい思い出になりますよね。それでは、実際に私が経験した旅行トラブルワースト5をご紹介します。

ワースト1位はイタリアのフィレンツェでホテルの部屋に床虱が大量にいたこと。うとうとしかけてふと痒くて掛布団を上げて見た光景は未だにトラウマです。速攻ホテルを替えてもらいました。

ワースト2位はこれまたイタリアのヴェニスで階段から落ちて足を捻挫したこと。せっかくのヴェニスなのに救急病院で一日過ごし、レントゲンを受けてただの捻挫と分かったのはいいものの、薬局で足首のサポーターを買うよう言われただけで何の処置もされずに病院から出されたのには驚きました。とっくに薬局はしまってるし、せめてテーピングぐらいしてくれればいいのにと呆然としました。

パスポートは肌身離さずが鉄則!

ワースト3位はペルーのクスコでパスポートを紛失したこと。大パニックで大騒ぎをしたあげく、チェックイン時にホテルのフロントで渡したまま返してもらうのを忘れていたことが判明しました。ワースト4位は中国ツアーで毎日毎日押し売りのような店に連れて行かれたこと。この薬を買わないと死ぬと友達が脅されて泣いてしまったので、ブチ切れてツアーガイドに日本の代理店に全部言いつけてやると詰め寄ったら、翌日からなくなりました。ワースト5位はドイツのデュッセルドルフ空港でスーツケースが出てこなかったこと。オペラの予定が入っていたので、靴やバッグからドレス一式まで全て新しいものを購入しました。

見知らぬ土地でトラブルに遭い右往左往しましたが、幸い命に関わるようなトラブルではなかったので、今となっては笑い話になりました。

ここで八代に詳しいタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

大人のリゾート、オーストラリア・サンシャインコースト!

高級感と落ち着きのある雰囲気が魅力!

オーストラリアといえば、ゴールドコーストが有名ですが、「日本人だらけ」というイメージを持つ人もいるでしょう。高層ビルが立ち並び、アミューズメントパークも多く、とても賑やかなところでもあります。そんな騒がしさが苦手な人には、サンシャインコーストがお勧めです。ブリスベンより北へ1時間ほど行った場所に位置する、とても静かで美しいリゾート地です。ヌーサやムールラバといった町があり、どちらも大人のムード満点。オシャレなブティックが並び、リゾートファッションを購入することも可能です。また、子供連れの数が少なく、夜には、屋外に儲けられた座席で静かにビールを楽しめます。

クロコダイルハンターに出会える!

また、クロコダイルのショーで有名な動物園もあります。巨大で獰猛なワニに餌付けするショーは圧巻。スリル満点です。また、コアラやカンガルー、ワラビーなど、オーストラリア固有のかわいい動物たちを鑑賞することもできます。園内はとても広いので、まるまる一日予定を組んで回るのがお勧めです。オーストラリアの広い大地やワイルドライフを感じられる空間でもあるでしょう。

冬でもとても温暖で、ビーチでのんびり過ごすもよし、国立公園を散策するもよし。ショッピングも充実しています。大人の休日を満喫させてくれるのが、サンシャインコーストです。

冬になったら紀の川市に詳しいタビマスターズを探して旅に出よう。

安く東京旅行に行くなら

交通手段を工夫しよう

安く東京旅行に行くなら、交通手段の工夫が必要です。例えば、バスや格安航空を利用するなど安く東京まで行く手段はさまざまです。

バスは主に夜から朝にかけての長時間の夜行バスが安くて人気です。最近では、広い席になっていたり半個室のようなプライバシーを守れる設計になっていたりと安いのにハイクオリティーです。特に若者の東京旅行では多く利用される交通手段です。

格安航空は朝や夜など航空機が離着陸する本数が少ない時間帯にフライトします。東京までかかる時間はすぐですし、セール期間の格安航空は特に安い価格で乗ることが出来ます。こういった交通手段の工夫は安い東京旅行を実現させる秘訣です。

宿泊について工夫しよう

旅行においてホテルや旅館など宿泊もひとつの楽しみです。しかし、安く東京旅行に行きたいのなら宿泊についても工夫しましょう。

例えば、格安のビジネスホテルに宿泊するという方法があります。有名なビジネスホテルではなく、都心部から少し距離のある地域のビジネスホテルはお客さんを呼び込むために安い価格を設定していることがあります。

また、漫画喫茶やビデオ試写室に泊まるという手段もあります。漫画喫茶やビデオ試写室は狭い個室ですし、本来は宿泊するための施設ではありません、しかし近年、ナイトパックで利用できる店舗が多くなっています。さらにビジネスホテルをライバルと掲げて営業する店舗もあり、安く宿泊できるという大きな魅力があり人気です。こういった宿泊についての工夫もとても大切なことです。

春になったら弟子屈に行くならタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。

旅行先での体調不良に備えよう

簡単な薬は持参しよう

楽しいはずの旅行中に体調を崩したら大変です。ふだんは体調に自信がある人でも、環境が変わると体調を崩す恐れはあります。ちょっとした体調の悪化に対応できるように、風邪薬や胃腸薬などを持参すると安心です。持病がある場合は、いつもの薬を忘れないようにしてください。日程が長い旅行の場合は、かかりつけの医師に旅行の話をすれば少し多めに薬を処方してくれることもあります。体調の悪さを感じたら、症状が軽くても薬を飲むようにしてください。添乗員がいる旅行の場合は、早めに体調が悪いことを話しておくと日程や病院などについて配慮してくれますよ。

とにかく十分な休息が大事

旅行中の体調悪化で困るのは、海外旅行のときです。国内旅行であれば言葉が通じますからすぐに病院を探せますが、海外ではそうもいきません。時差や気候の違いもありますから、無理のない日程を組むようにしてください。基本中の基本として、海外旅行保険には加入しておきましょう。現地での食事にはいろいろと注意が必要です。食べ過ぎを避けるのはもちろん、生水や加熱されていない食べ物も避けるのがおすすめです。体調の悪さを感じたら、水分を補給して、十分な睡眠をとるようにしてください。現地の病院で症状を伝えられるように、簡単な外国語を調べておくのもおすすめです。

こちらのサイトから嬬恋に精通しているタビマスターズを発見して旅行を楽しみましょう。

電車に乗って旅行をしよう

意外と安い電車の料金

旅行をする時にやっぱり気になるのは交通費などの料金です。せっかく楽しい旅行をしても、その費用がかさんでしまっては楽しい気分も台無しですよね。中には旅行に車やタクシーを使うといったセレブな方もいらっしゃいますが、庶民的な旅の楽しみ方として定番なのはやはり電車やバスを使った旅行ですよね。電車であればある程度遠くに旅行に行っても交通費はそこまでかかりませんので、浮いたお金を使って豪華なお土産を家族や友人にプレゼントしたり、旅行先で美味しいものをたらふく食べるといった楽しみ方ができますので、交通費の節約にはこだわりたい所です。

旅行先では美味しい物を食べよう

旅行の醍醐味といえばやはり美味しいお料理を心行くまで食べる事ですよね。地域によって名産品に違いはありますが、やはりその土地で取れた食材をふんだんに使った海鮮料理を頂くとその土地のエネルギーまでも吸収する事ができます。旅館で旬の食材を味わう事によって旅行にやってきたことを実感できますし、大切な人と一緒に過ごす事によって更に旅行を楽しむ事ができます。旅先での人との出会いも魅力で、中には旅行中に意気投合してその後の旅行を一緒に行動するというようなコミュニケーション能力の高い人も多いようです。楽しい旅を作るにはやはり多人数での行動が有効ですね。

ここで鹿児島にいるタビマスターズを使って遊びにいこう

私が行った旅行の体験談!

佐賀は優しくていい町!

私は、自分で計画して佐賀に行ったことがあります。元々関東に住んでいるということもあって、田舎として定評のある佐賀に行ったらどうなるかという好奇心から訪れてみることにしたのです。

佐賀空港から見渡した景色は、一面田んぼであり非常に田舎を感じさせるものでした。友人が佐賀にいたために、迎えに来てもらうとしばらく田んぼ道が続いたために、感心しました。

のどかな町であるが故ですが、非常に人が優しかったように思えます。関東では、みんなが忙しく動いており、ゆっくりできませんでしたが久々に旅行先でゆっくりすることができました。

バルーンフェスタはアジア最大級のイベント!

私が佐賀に行ったのは、11月の上旬でした。その頃は、佐賀でバルーンフェスタというお祭りが開催されていたのです。バルーンフェスタでは、世界のバルーン競技者が集まって、様々なことで競っていくのですが、佐賀の空を彩るバルーンは非常に見ものだったと思います。

関東でも見たことがありましたが、都会の風景にはあまり馴染んでおらず、違和感がありました。しかし、佐賀のバルーンフェスタに関しては、田んぼ一面に多くのバルーンが広がっているために、心を落ち着かせることができました。

また機会があれば、是非行ってみたいと思っています。

ここから秋田行きのタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。